文字数が多いとSEOに有利なのか?

2020年4月16日

SEOと文字数の関係

SEOの文字数は検索順序に直接影響しません。

もう少し詳しく言うと、コンテンツ(ブログ投稿)の文字数が多いまたは少ないという理由だけで、Googleによる評価ではランク付けされたりランク付けされたりしないことを意味します。

一方、コンテンツを非常に包括的にすることで、SEOの効果を期待できます。
たとえば、ページのテーマに応じて、MECEを追加した多くのユニークな単語と目次に基づいて、幅広い知識に基づいて文を書く。

これにより、関連語が多く含まれるようになり、豊富な専門知識を織り交ぜた総合性の高いコンテンツとなるため、SEO効果が高まりランキングが上がることが期待できます。

このような良好なSEO効果を得るためには、ユーザの検索意図を考慮してコンテンツを作成することが前提条件です。また、このような流れを汲んでコンテンツ作成することで、結果的に文字数も多くなります。

この点踏まえて、今回は、SEOと文字数の関係について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

直接的な効果はない?

多数の文字が検索順序の上昇または下降に直接寄与することはありません。

その理由は、文字数の優劣を判断するためのアルゴリズムがないためです。

したがって、たとえば、1つの記事の文字数が500、1000、3000、5000、10000、20,000などになったとしても、文字数が少ないという理由だけでGoogleはコンテンツを評価しません。
このことからもわかるように、Googleは文字数(単語数)だけを評価せずに、検索クエリとの関連性を大前提としたうえでコンテンツを評価しています。

網羅性の高いコンテンツが評価される?

検索者が必要とする情報を満たす非常に包括的なコンテンツは、Googleによって評価され、SEO効果があると期待できます。

たとえば、コンテンツは、ページのテーマに沿ってMECEを組み込んだ、多数の固有の単語を含む目次に基づいて作成されます。
そうすることで、そのページのテーマに関する総合的な情報が高度に含まれた完全なコンテンツ(情報コンテンツ)となり、それだけSEO効果が期待でき、ランクアップすることが期待できます。

このようなSEO効果を得るためには、ユーザの検索意図を考慮してコンテンツを作成することが前提条件となる。

また、この傾向に合わせて、多数の文字を含むコンテンツがGoogleによって評価されると、すべての単語が検索エンジンによって認識されます。
そうすると、ロングテールワードによるインデックス付けや順序の引き上げ、およびメインキーワードの順序の引き上げなどのSEO効果が期待できます。

網羅性の高いコンテンツにしてSEO効果を得る方法

網羅性の高いコンテンツでSEO効果を達成するためには、まず専門的な知識が必要です。
たとえば、最初に、上位に表示したいキーワード(SEOキーワード)内の多くの情報を解釈し、それを専門知識として保存します。

次に、ユーザーの検索意図を考慮して、ページテーマに基づく専門知識を最大限に活用して、MECEを考慮して多数の固有の単語を含む目次を作成します。

最後に、目次に基づいて、幅広い知識に基づいて文章を書きます。

このように、ユーザーがより多くの情報を必要とするという内容を非常に完成させるために、SEOの効果を得ることは重要なポイントです。また、このようなSEO効果を得るためには、ユーザの検索意図を考慮することが不可欠です。

要点をまとめますと、

  • 専門知識を蓄える
  • MECEを意識した目次にする
  • 広い見識を踏まえた文章にする

ページのテーマに沿って網羅性を高めるようにコンテンツを作ることで、結果的に文字数が増えやすくなります。(結果的に長文コンテンツになりやすい。)
なので、重要なのは文字数ではありません。

重要なのは、ユーザーの検索意図を考慮したうえで、網羅性、独自性、信憑性を加味した、信頼性の高いンテンツを作成して提供することです。

さらに、専門性や権威性を踏まえて、より信頼できるサイトを築き上げながら、SEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。このようなSEO対策情報をふまえ、なにかと出費もかかりがちなサイト運営を経済面でサポートしているお役立ちバイト情報サイトを紹介します。急な出費にも嬉しい、日払いバイト情報など網羅しております。通常のバイトとちがい、空いた時間、都合の良い時間でできるバイトなので、サイト運営活動を中心としたスケジュール調整でできるのが魅力です。お役立てください。
会員制ラウンジのバイト求人の魅力