低品質なページをリライトすることでSE0効果につなげる

低品質なページを残すことは有害?

コンテンツの質を高めるようにするには、サイト内で高品質なページの割合を高めることが必要です。

そのために例えば検索順位が低い低品質なページをリライトしたり、場合によっては低品質なページを削除することが必要になります。

また、テーマが重複してる複数のページを統一して新規で高品質なページを追加するというやり方もあります。

このようにすることで、良質なページの割合が増えて、サイト自体の質が高まるので、最終的にGoogleに評価されやすくなります。

今日は低品質なページの改善策としてリライトする、削除する、新規で作った高品質なページに統合するという3つの対策について説明します。

低品質なページをリライトする

まず最初に検索順位が低いまたは不安定なキーワードランキングを持つページを書き換えるには、まず11番目以下のキーワードとランキングの有無にかかわらずキーワードを見つけてください。

そして、実際にSEOキーワードで検索されて表示されている競合トップサイトのタイトルとそのコンテンツの傾向(ユーザの検索内容)を組み込んで独自のコンテンツを作成します。

その時、タイトル名に沿ってどんな種類のコンテンツが書かれているか?、記述されている内容は、どのような順序で、どのくらいの量で記述されているか?を考慮してコンテンツを作成しましょう。

さらに、コンテンツの内容が競合他社と重ならないように、独自性を確保してください。

したがって、元のコンテンツが検索クエリとの関連性が高いように低品質のページを書き換えることが、サイトを更新するための鍵となります。

次に読まれてないコンテンツをリライトするには、ヒートマップを活用します。

例えば、上位に表示されているが順位が下降気味の思わしくないページをヒートマップで解析して、ユーザーにあまり読まれてないことを示す青い部分のコンテンツを見つけます。

そして、そのコンテンツ部分の画像や文章を、ユーザーの検索意図を考慮した内容に差し替えます。

こうして、ユーザーにとって不要な情報を減らして、必要な情報を盛り込むように低品質ページをリライトすることが、サイト更新するためのポイントとなります。

低品質なページを削除する

低品質のページを削除するには、最初に内容の薄いコンテンツのあるページを選びます。

そしてそれらのページから、アクセス数(ページビュー)をチェックします。月に30回以下が目安です。検索コンソールの検索分析機能も必ず使用してください。

検索インプレッション数またはクリック数が目立つキーワードで認識されない場合、表示されたページは低品質のページと見なして削除します。

このように、ユーザー要求の少ないページをリストアップし、それらを削除して品質の低いページとして削除することが、SEO効果を得るための重要なポイントです。

低品質ページを削除する以外には、インデックスを使用しない検索エンジンによって低品質ページが認識されないようにする方法があります。

たとえば、SEOの低品質ページであっても、CV(コンバージョン)に関与しているエンゲージメントの高いページである可能性があります。

そのようなページの場合は、削除せずにnoindexを設定してください。

テーマが重複するページを統合する

テーマが重なっているページを統一するには、主に被リンクを検討してください。

例えば、あるページとテーマ(タイトル名)が重なっているページがあるとします。
各ページのリンク数を確認して、リンクが多いページにコンテンツを移行して統合します。

その場合は、リンクの少ないページのURLからリンクの多いページのURLに301リダイレクトします。

このように、内容が一意になるようにテーマを重ねてページを統合しながらサイトを更新することが、SEO効果を得るための重要なポイントとなります。

ちなみに、テーマが重なっているページを確認するには、検索コンソールの “coverage”機能を参照しましょう。

まとめ

更新頻度ではなくコンテンツの品質に焦点を当て、SEO対策を進めましょう。

具体的には、「1ページ、1キーワード」、「ユーザーの検索意図」、「信頼性」、「独自性」、「網羅性」を考慮し、信頼性の高いコンテンツを更新するためのSEO対策を推進します。

このように、高品質のコンテンツを増やすことで、専門性と信頼性を追加しながらより信頼性の高いサイトにすることが、SEO対策のトップランキングを目指すためのポイントです。