コンテンツ対策って何をやればいいの?

2020年4月16日

コンテンツ対策の重要性

コンテンツ対策はSEOで最も重要です。
その理由は、Googleがコンテンツに集中して検索順序を決定しているためです。

そのため、「検索ユーザーが求める情報」を盛り込んだコンテンツの作成を心がけながら、SEO対策を進めることが重要です。

今回はコンテンツ対策のために何をすべきか?についてもう少し深く掘り下げて説明します。

コンテンツの何を重視すればいいのか?

コンテンツ保護のためには、ユーザー優先を重視してコンテンツを最適化することが重要です。

コンテンツが最適化されていると考えても、ユーザーにとって不便なコンテンツはGoogleによって評価されません。

そのため、「検索クエリとの関連性」を高めて、より満足度の高いコンテンツを提供することが評価される必要があります。

ユーザー優先のコンテンツを提供するために、以下の5つの対策ポイントを減らしましょう。

  • 検索クエリと関連性を高める
  • 競合上位の傾向を取り入れる
  • 専門性を高める
  • ユーザー体験を向上させる
  • オリジナリティを出す

 以下でそれぞれの項目について説明します。

検索クエリと関連性を高める

タイトルやコンテンツの内容と、検索ウィンドウで検索者が入力した語句との整合性を向上させることが重要です。

これは、「検索クエリと関連性の関連性を高める」ことであり、コンテンツ測定における重要な指標です。

検索クエリ、すなわち実際に検索されたキーワードが選択され、キーワードがトップを争う競合サイトの傾向は「検索クエリとの関連性」において重要である。

選択したキーワードを含め、競争力のあるトップトレンドに沿ってタイトルを作成し、タイトルの表現に沿ってコンテンツの内容を作成しながら、SEO対策を進めましょう。

このように、検索ユーザーが必要とする情報を含むウェブページを提供することは、グーグルがそれを評価することを容易にするのを助けます。

競合上位の傾向を取り入れる

競合するトップページの傾向を自分のWebページに組み込んでみましょう。これは、実際に一番上に表示したいキーワードで検索することで理解できます。

まったく同じコンテンツを取り入れてもユーザー優先ではないため、独自性を確保しながらトレンドを採用することが重要です。

例えば、採用する場合、競合トップページのタイトルや内容の傾向はどうですか? (あなたは「使い方」「言葉の意味について」と書いていますか?)そして最も頻繁に見られる傾向(数字は示されています)。

トップページは、Googleによって評価されているページです。
そのため、ユーザーの利便性が最も高いというトップページのトレンドを採用することが、グーグルに評価されるべき鍵と言えるでしょう。

専門性を高める

ウェブサイトの専門性を高めるためには、サイトのテーマに沿ってページを増やすことが重要です。

もちろん、ページ単位であっても、ページのテーマに合わせて特別なコンテンツを用意することが重要です。

たとえば、サイトのテーマが “SEO対策”の場合、 “SEO対策の基本”、 “コンテンツ対策”、 “被リンク”などの関連ページが各下部ページに追加されます。

このようにして、専門のページを追加することでサイトの専門性を高めます。
グーグルは、専門性の高いウェブサイトやページを評価することを公言しています。

ユーザー体験を向上させる

検索クエリと関連性をより関連性のあるものにすることも重要ですが、ページに表示されたユーザーの行動も重要であると言われています。 一般に「ユーザー体験」とも呼ばれます。

たとえば、直帰率、滞在時間、ページセッションなどのユーザーの行動が評価に含まれます。

したがって、これらを最適化し、直帰率を下げ、滞在時間を長くし、ページセッションを長くするために、コンテンツ対策を進めることが重要です。

ユーザーの行動を最適化するために、各Webページのデザイン、テキストの量、文言、内部リンク、画像などに注意します。
そうすることで、サイト自体のユーザーエクスペリエンスが向上し、グーグルにも高く評価されるでしょう。

オリジナリティを出す

オリジナリティは、あなたが考えたり経験したことの内容、あなたが身につけた知識などをあなた自身の物語調の文章にして内容を作成することによって作成されます。

Googleはオリジナリティの高いコンテンツを評価します。

他のサイトに書かれたコンテンツをコピーして貼り付けたり、サイトの他のページとまったく同じコンテンツを作成したりしないでください。

このようなコンテンツは類似した重複コンテンツとなり、ユーザーの利便性が低下し、サイトの評価が低下して検索ランクが下がり、最悪の場合はインデックスが削除されます(検索結果からのサイトの削除)。

つまり、他のサイトとは異なるオリジナリティの高い(オリジナリティ)コンテンツを提供することが、SEO対策のトップランキングを目指す鍵となります。

まとめ

コンテンツ対策を重視して、Webページ・サイトの質を向上させましょう。

ユーザーがより満足するコンテンツにし、リンクが自然と集まるようなサイトにしながら、上位化を目指すことが重要です。
例えばユーザーに役立つコンテンツの作り方が上手な情報サイトを1つサンプル例として紹介したいと思います。そのサイトは会員制ラウンジの求人情報を扱うサイトなのですが、採用基準が高くてどうしても会員制ラウンジの面接に受からないというユーザーのことも配慮し、会員制ラウンジに似たような待遇で、会員制ラウンジよりも面接に受かりやすいキャバクラのバイト情報も網羅したコンテンツがつくられており、様々なユーザーの目線に立った工夫が施されています。上野池袋のキャバクラのバイト