SEOのキーワードはどうやって設定するの?

SEOに重要なキーワード設定

SEOキーワードを検索クエリとより一貫性のあるものに設定しながら、ページごとにパフォーマンスを向上させることが重要です。

今回は、SEOキーワードの設定方法をわかりやすく説明します。

SEOキーワードの入れ方

SEOキーワードをページの以下の要素に設定していきます。

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • 見出し
  • 本文(コンテンツのテキスト内)

タイトルの設定の仕方

まずSEOキーワードをページのタイトル(titleタグ)の前方に設定します。

titleタグとは、HTMLファイルのheadタグ内に記述するページのタイトルを示すタグです。titleタグ内にページのタイトルを記述することで、利用できます。

Google検索結果からサイトがクリックされたか?というユーザーの反応が順位決定の要因の1つになってきていますので、サイトの特徴が最も出せるような内容のtitleタグにできるよう工夫する方法があります。

また検索結果のタイトル内容とランディングページのファーストビューの内容を、以下のように一致させることがポイントです。

ディスクリプションの設定の仕方

SEOキーワードをディスクリプション(meta descriptionタグ)の前方に設定します。

meta descriptionタグとは、htmlファイルに記述する複数あるメタタグのうちのひとつで、サイトの概要を記述し、検索エンジン・ユーザーにどんな内容なのかかを伝える重要な役割を担っています。

SEOの用語集などにも必ず載っているため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
記述方法は、htmlファイルの~の間に記述します。

タイトルと同様、SEOキーワードを前方に含めて簡潔な内容にしながら、検索クエリとの関連性を強調しましょう。

見出しの設定の仕方

SEOキーワードをページの見出し(hタグ)に設定します。

見出しタグとは、ユーザーや検索エンジンにページの重要なテーマを伝えるために、HTMLでマークアップするhタグ(h1/h2/h3/h4/h5/h6)のことです。

見出しタグは重要なテキストをユーザーと検索エンジンの両方に伝え、コンテンツの内容を認識しやすくするので、より便利であり、サイト評価を向上させることでSEO効果を期待できます。

SEOキーワードを含む見出しをhタグで囲んで、重要な文言を検索エンジンに伝えながら、かつ検索クエリとの関連性を高めましょう。

本文(コンテンツのテキスト文章内)

SEOキーワードをページの本文(コンテンツのテキスト文章内)に設定します。

冒頭または末尾にSEOキーワードを含め、セクションごとに文章をまとめることで、検索クエリとの関連性を高めます。

画像の場合は、alt属性に画像の説明を記述し、状況に応じて必要に応じてSEOキーワードを設定します。

キーワードを含む自然な単語や文章を正しく認識し、ユーザーがコンテンツを理解しやすくすることが重要です。

数は決まっていませんが、不自然に過度のキーワード設定はGoogelのガイドライン違反によって不利になり、サイトは過小評価され、検索ランキングとインデックスからの削除がありますので注意してください。

まとめ

タイトルや見出し、文章の冒頭、末尾を中心に意識してSEOキーワードを設定しましょう。

Googleガイドラインに準拠してユーザーの利便性を考慮したページにしながら、上位化を目指すことが重要です。