更新頻度を上げるとSEOに効果はあるのか?

更新頻度とSEOの関係

更新頻度を増やすだけでは、直接的なSEO効果は期待できません。

もう少し言えば、1日に1つの記事を投稿しようが、毎月1回ブログの記事を投稿しようが、サイトの更新のタイミングや期間(期間、頻度)が原因で検索ランキングが増加することはは期待できません。

一方、毎日質の高い記事を更新すると、その分SEOの効果が期待できます。

ただし、毎日更新しても、質の低い記事が多数あると、逆効果になります。

つまり、記事(コンテンツ)の品質を向上させることでSEO効果を期待できます。

たとえば、置き換えられていない低品質の記事を書き換えて、高品質の記事に改善することができます。
このような高品質の記事を増やすことで、サイト自体の品質を高めます。

そうすることによって、グーグルによって信頼性の高いサイトであると評価されることをより簡単にするとは言えます。

このように、盲目的に更新の頻度を増やすのではなく、高品質のコンテンツを増やすためにSEO対策でサイトを更新してトップを目指すのがポイントです。

この点を踏まえて、今回は、頻度の更新によるSEO効果を中心に、初心者にもわかりやすい要領でまとめたいと思います。

更新頻度によるSEO効果について

更新頻度を高めても、それだけでSEO効果は見込めません。

もう少し言うと、オウンドメディアのブログで1日1記事投稿しようが、3ヶ月に1回記事を投稿しようが、基本的にはそのサイトの更新頻度だけによる順位上昇は期待できません。

一方、質の高いコンテンツを毎日投稿することで、その分のSEO効果は期待できます。

つまり、更新頻度の高さではなくコンテンツの質を高めることによって、順位上昇が望めます。

要は、

  • 更新頻度が高いことによるSEO効果はない
  • コンテンツの質を高めることによるSEO効果は期待できる

 ということになります。

更新頻度を上げるために、コンテンツの一部のみを変更したり、コンテンツの少ない新しいコンテンツを公開するケースが増えています。

例えば、

  • 記事の更新日や掲載日などの日付(更新日)のみを更新する
  • 数文字、1行、いくつかの画像またはリンク(追記)を追加
  • 少数の短文を含む短文の新しいコンテンツをリリースします
  • このように、更新頻度を増やしても、コンテンツの品質向上に大きく寄与することはなく、その結果、SEOの効果は期待できません。

    それどころか質の悪いコンテンツを含む低品質のコンテンツにはペナルティが科せられ、ランキングの低下や最悪のインデックスの削除などの悪影響があります。

    コンテンツの質を高めることによるSEO効果を期待する

    サイトが長年運営されている場合、過去に書かれた記事のメンテナンスが遅れ、記事の内容が古い情報になる傾向があります。

    そのような情報を新しい情報で書き換えて、新鮮なコンテンツコンテンツにします。
    こうすることで、ユーザの利便性が向上し、コンテンツの品質が向上するため、SEOの効果が期待できます。

    このような意味では頻繁に更新することによるSEO効果があるということもできます。

    コンテンツの品質を向上させるには、サイト内の高品質ページの割合を増やします。

    たとえば、低品質ページを低い検索順序で書き換えたり、低品質ページを削除したりすることがあります。

    また、テーマを重ねて複数のページを統合し、新しい高品質のページを追加します。
    そうすることで、良いページの割合が増え、サイト自体の品質が上がるため、最終的にはGoogleによる評価が容易になります。

    このように、質の低いページを見直して質の高いページを増やすためにサイトを更新することが、SEO効果を得るための鍵です。