ドメインパワーを上げてSEO対策を

2019年7月16日

ドメインパワーをあげるとSEOに有利

ドメインパワーはウェブサイトの強さの尺度です。

ドメインパワーを上げることで、サイトはより強くなり、各ページのキーワードランキングは大幅に向上します。
その結果、検索トラフィックが増加し、サイトへの訪問数が大幅に増加します。

今回は、ドメインパワーを上げる方法を中心に説明します。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは、Webサイトの力を示す値のことです。「ドメインオーソリティ」や「権威性」と呼ばれることもあります。
例えば、「Ahrefs SEO Toolbar」や「mozbar」を使うことでDRと呼ばれる指標でドメインパワー(サイトの力)を数値として確認することができます。

DR(Domain Rating)を使用して数値を確認することは、ドメインパワーを確認する基本的な方法です。

ちなみに、DRは基本的に「被リンク」に基づいて計算された指標です。
したがってドメインパワーは「被リンク(外部リンク)」と強く関連していることを理解してください。

ドメインパワーを上げる方法

ドメインパワーには、被リンクが関与していることを前述しました。
言い換えれば、質の高いリンク(自然なリンク)を増やすためにSEO対策を実施することは、ドメインパワーを高めることにつながります。

そのためには、ユーザー優先の「高品質なコンテンツ」が不可欠です。
ユーザーがより満足しているコンテンツを公開した場合、それらは共感され評判が良いため、参照される可能性が高くなります。

その結果、参照リンクの数が増え、自然リンクの数が増えるため、ドメインの処理能力が向上します。
言い換えれば、高品質のページを増やし、高品質の被リンクを集めることがドメインパワーを高めるための方法です。

アクセス数とドメインの使用期間がドメインパワーの要因であるという見方もありますが、最も重要なのは「高品質ページの増加」です。

ドメインパワーの上昇がSEOの鍵

最近では、ページの品質を向上させるために、過去の記事を書き直すこと(リライト)がしばしば強調されています。リライトは効果的なSEO対策であり、そのため実際にドメインパワーを向上させることができます。

他には「アクセス数」を引き付けることでドメインパワーが上がるという見方もあります。「アクセス回数」はリライトもそうですが、新規ページを公開することでも呼び込むことができます。

引き付けられたアクセスを維持することで、ページセッションとウェブサイトのページビューを上げることが「アクセス数」の視点になります。
重要なページへのアクセスをたくさん与えると、それらを評価するのが簡単になります。

このように、高品質のページがますますリリースされれば、コンテンツの品質、リンク先の品質、およびアクセス数は満たされ、サイトのパワーは強くなります。検索ランキングが上がる傾向にあると言えます。

言い換えれば、ドメインのパワーを上げることがSEOの鍵です。
ドメイン権限は「権威」であり、Googleが検索品質評価ガイドラインでEAというWebサイトを評価する項目の1つとして正式に定義されています。

例えばこちらの銀座クラブ求人公式検索サイトでもドメインパワーを向上させる効果的なSEO対策を行っています。一例として参照していただければと思います。
【企業秘密?】銀座クラブ公式求人サイトとしてやっているSEO対策を特別に公開!