効果的に「no index」を使う方法

noindexを活用する重要性

noindexを使用することの重要性が高まっています。

その理由は、noindexをうまく利用することによって、サイトの品質を向上させ、SEOの効果を高めることができるからです。

ページ数が増えると、低品質のページが表示されることがあるため、noindexを適切に使用してインデックスを作成しないように調整することがSEO対策の1つです。

今回は、SEOの効果を高めるためにnoindexを使用する方法に焦点を当てたいと思います。

noindexとは?

noindexは、検索結果にWebページをインデックス付けしない(表示しない)ようにするためにHTMLファイルで書かれたタグです。

検索結果は、Google、Yahooなどの検索結果です。これらの検索結果にWebページが表示されないようにする(検索エンジンに認識させない)ことが「noindex」です。

noindexはSEOにおいてより重要になっています。

冒頭で述べたように、コンテンツはより重要になり、低品質のページにインデックスを付けないことはサイトの評価につながりました。

もう少し詳しく言うと、Googleがそれらを認識できないように、低品質ページにはnoindexを設定しています。
その結果、高品質ページの割合を増やすことでドメインのパワーが上がり、トップランクになりやすいサイトになります(検索ランクが上がりやすい)。

このように、noindexを適切に使用することによってサイトの質を改善するためにSEO対策を促進することは重要です。

SEO効果を高めるnoindexの使い方

SEOを強化するためにnoindexを使いこなす、そのために低品質のページをよく見ることが重要です。

どのページにnoindexを設定すればよいでしょうか?
基本的に、noindexは「ユーザーの利便性を損なう低品質のページ」に置かれています。

具体的には、

  • noindexを設定するためのターゲットページ
  • ほんの数行の文字を含む少量のコンテンツを含むページ
  • 内容の悪いページ、画像のみ
  • 他のページへのリンクを含む、少量のコンテンツを含むページ

そのようなページにはnoindexを設定することを検討し、必要に応じて検索結果にインデックスを付けないようにします。

特にページ数(インデックス数)が多く、低品質ページ数が多い場合は、noindexのSEO効果が期待できます。
言い換えれば、サイトの価値(ドメインパワー)を高め、トップを表示しやすくするために、高品質のページのみにインデックスを付けることが重要です。

noindexを適宜上手に使おう

これまで述べたきたようなページにnoindexを設定することも重要ですが、それ以外にも削除またはリライトも検討してください。

noindexを使用するには、検索コンソール、Googleアナリティクス、SEOツールなどを使用してページのステータスを確認することが重要です。

noindexを使いこなすためのポイントを最後にまとめます。

  • どこからも流入していない、変換に貢献していない、バックリンクがない低品質のページを削除する
  • 品質が低いが多数のバックリンク、コンバージョンへの貢献、および検索以外のインフロー(ダイレクト、ブラウジング、ソーシャルなど)があるページにローページを設定します。
  • ページの品質が高く、検索の流入がターゲットになる可能性が高いテーマ(キーワード)を書き換える
  • ページの品質が低い場合でも、テーマ(キーワード)の方向性が定義されていれば書き換えます。

そのような点を考慮した後にnoindexを使用しましょう。

品質が低いためにnoindexを間違ったページに設定すると、サイトの評価(ドメインのパワー)が低下するか、パフォーマンスが低下する可能性があります。

したがって、しっかりと使いたい点を考慮して、noindexを効果的に使用することが重要です。