Googleにインデックスされない原因と対策は?

Googleにインデックスされない原因と対策方法について

Google検索エンジンの検索結果に作成したWebページがインデックスされないケースがあります。

これは、いくつかの原因が考えられますが、とくに多いとされるのが貧弱なリンク構造による「クローラビリティ」の低さです。
つまり、Webページの巡回に必要なリンク(内部リンクや外部リンク)が少ないことで、クローラーがうまくその対象ページを見つけることが出来ないことがGogoleにインデックスされない原因の1つとなります。

この点踏まえて、今回は、Googleにインデックスされない原因と対策方法について中心に、初心者にもわかるようにポイントをまとめて解説したいと思います。

なぜGoogleにインデックスされないのか?

Googleがインデックスに登録されていない理由はいくつかありますが、ルートのリンク構造に問題がある場合が多くあります。

さらに、サイトの内外からのリンクが少ないページ(ブログ記事)では、リンクをたどってクロールするクローラによってWebページを見つけることができないため、結果としてページはインデックス付けされません。 それは状況になります。

このような状況になりがちなサイトの種類は、主に新しいドメインを持つサイト、関連するリンクを挿入しないサイト、および外部の手段を持たないサイトです。

この点を踏まえて、グーグルに索引付けされていない原因は主に以下のような原因があげられます。

  • Googleガイドライン違反によるペナルティを受けてる
  • robots.txtの設定で、クロール拒否の記述をしてる
  • meta robotsタグの記述で、noindexを指定してる
  • canonicalタグの記述でURL正規化の指定が間違っている
  • 貧弱なリンク構造によってクローラーが巡回しずらくなってる(新規ドメインのサイトなど)
  • ペナルティを受けてる中古ドメインでサイト運用してる
  • .htaccessファイル等にX-Robots-Tagを記述して、インデックス登録しないように設定してる
  • Webサーバーの不具合による500エラーでサイトが閲覧できない
  • Webサイト自体の質が低い

Googleにインデックスされやすくするための豆知識

根本的かつ基本的に、WebサイトがGoogleにインデックスされやすいものにするためには、良質なコンテンツを増やしてサイト自体の質を上げたり、クローラーが辿るための自サイトへのリンク、自サイト内のリンクを充実させる必要があります。

そして、これらの補助的な対策として、「XMLサイトマップの設置」と「Fetch as Googleの活用」により、GoogleへWebページのインデックスを促進することができます。

この点踏まえて、ここでは、Googleにインデックスされやすくするための豆知識についてポイントをまとめて触れていきたいと思います。

  • XMLサイトマップを活用する
  • Fetch as Googleを使う
  • XMLサイトマップを活用する

    サイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の2種類がありますが、「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」はクロール性を高めてWebページのインデックス作成を促進するためのファイルです。

    このXMLサイトマップファイルを作成してアップロードし、運用環境にインストールすると、検索コンソールのサイトマップ機能から送信されてGoogleに認識されます。

    そうすることで、クローラーがファイルにリストされているWebページのURLをクロールしやすくなり、その結果、Googleが索引付けしやすくなります。

    Webページが確実にこのようにインデックス付けされるようにするには、サイトの公開の初期段階でXMLサイトマップを組み込むことをお勧めします。

    ちなみに、WordPressでブログサイトを運営している場合は、専用のプラグイン「Google XML Sitemap」を導入することでXMLサイトマップが自動的に更新されます。これにより、運用にかかる時間と労力を節約できます。

    Fetch as Googleを使う

    サーチコンソールの機能の1つである「Fetch as Google」を使うことで、指定したWebページのURLに対して、クローラーを呼び込んでGoogleの検索結果にインデックス登録を促すことができます。

    これをよく使うケースとしては、「ブログ記事をリライトした場合」と「新規ページを公開した場合」です。

    仮に、いくら被リンクや内部リンクが充実してるサイトといえども、新たなコンテンツ内容がなかなかクロールされずにインデックスされないこともあるので、補助的に「Fetch as Google」を利用して、新たなコンテンツへクローラーを呼び込み検索エンジンへのインデックスを促すことが基本的に重要な対策となります。

    まとめ

    今回紹介したようにグーグルがインデックスしていない原因を参考に、原因に応じた適切な対策をとりましょう。

    さらに、コンテンツの品質を向上させ、サイトの品質を向上させ、リンク構造を最適化するなどして、Googleが簡単にクロールしてインデックスを作成できるサイトにすることが重要です。

    このようにすると、公開されたコンテンツがより高いランクに早く昇格され、それに応じて検索の流入が予想され、それが顧客を引き付けるWebの高速化につながります。
    グーグルが簡単に索引付けできるはずではありません。

    SEOでは、ユーザーの利便性を考慮した検索クエリとの関連性が高く、コンテンツがしっかりとインデックス付けされていることを重要視しており、高いランクを目指しています。