ビッグキーワードで上位表示を狙う方法

ビッグキーワードで上位を狙うSEO

ビッグキーワードでの上位表示はなかなか難しく、競合上位サイトが強い傾向です。
そんなビッグキーワードで上位表示するにはどうしたらよいか?

今回は、ビッグキーワードで上位化した事例やSEO方法を中心に解説していきます。

ビッグキーワードとは(定義)

ビッグキーワードは、検索量が多いキーワードです。

明確な検索量の定義はなく、毎月の検索量1万以上であればビッグキーワードと言えるでしょう。
ビッグキーワードは、検索量が多いため、多くのユーザーにとって検索キーワードです。そのため、ビッグキーワードで上位に表示されれば、検索(オーガニック検索)でトラフィックを多く集めることが可能です。

ビッグキーワードでは、すべてのサイトがトップランキングを目指しているため、貴重なサイトが競合し、ランク付けが困難になります。

ビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードの違い

キーワードは、検索量と組み合わせた単語数に応じて呼び出されます。
キーワードの種類とその呼び方は次のとおりです。

ビッグキーワード
前述したように、大きなキーワードは大量の検索であり、主に毎月の検索量が10,000以上のキーワードです。単語(1語)だけでなく、月間検索量が1万以上の複合語(2語以上)も大きなキーワードと言えます。

基本的に、単語のキーワードが多い(1単語)という傾向があります。

ミドルキーワード
中央のキーワードは主に検索数が大きいキーワードと小さいキーワードの間にあるキーワードです。
そのため、毎月の検索数が1,000から10,000未満のキーワードをミドルキーワードと呼ぶことができます。単語(1語)がありますが、複合語(2語以上)のキーワードが多くなる傾向があります。

スモールキーワード
スモールキーワードは、検索数が少なく、主に毎月の検索数が1000未満のキーワードです。
複合語(2つ以上の単語)を含むキーワードが最も一般的なキーワードですが、検索の意図はより具体的になってきており、より多くのユーザーがコンバージョンする傾向があります。
前述のように、毎月の検索量では、ビッグキーワード/ミドルキーワード/スモールキーワードに分けられます。

ビッグキーワードのSEO対策は?

ビッグキーワードで上位表示を目指すには、SEO対策が重要です。

ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードに関係なく、どのキーワードでも、競合上位サイトのSEO状況に合わせながら対策することが大切です。

とくにビッグキーワードの上位サイトはSEO状況が優秀です。被リンクやコンテンツの質が高く、オーソリティが高いサイトが多い傾向です。
そのため、ビッグキーワードの上位化を目指すには、良質なコンテンツとリンクが欠かせません。

被リンクが集まりやすい(参照されやすい)コンテンツ(ページ)を増やし、ドメイン全体の価値を高めながら、ビッグキーワードの上位表示を目指すことが重要です。

まとめ

ビッグキーワードで上位にランク付けすると、トラフィックが着実に増え、サイトのパフォーマンスが向上します。

そのためには、貴重なコンテンツをページごとに作成し、ドメイン全体の価値を高めることが重要です。

ドメインの価値が上がるにつれて、ターゲットを絞ったキーワード(ビッグキーワードなど)で上位にランクされやすくなり、すべてのページが上がりやすくなります。