リンク切れとSEOの関係

2020年8月26日

リンク切れには注意

リンク切れは、ユーザーの利便性を損ねるため、ページの品質が低下し、SEOにおける悪影響が懸念されます。

この状況を防ぐため、定期的にリンク先の状況をチェックし、リンクの質を保ちながら、サイトを運用することが大切です。

今回は、リンク切れの対応方法、リンク切れのSEOにおける影響、リンク切れチェックツールについて中心に解説したいと思います。

リンク切れとは?

リンク切れとは、URL変更やサイト閉鎖等に伴い、リンク先のページが閲覧できない、アクセスできない状態のことを意味し、別名「デッドリンク」とも呼ばれます。

リンク切れにより、404エラーコード(404 not found)が返され、「ページが見つかりません」といったWebページがよく表示されます。

このような状態は、ユーザーの利便性を損ね、サイトの品質低下を招く可能性があります。Googleは、ユーザーの利便性を第一に考慮することを以下のように、公式に掲げてます。

このことから、リンク切れの有無を管理し、ユーザーの利便性を考慮したページを提供しながら、サイト運用することが重要と言えます。

具体的な方法は?

リンク切れに対応するには、以下のようにリンク切れチェックツールを活用した方法が便利です。

①リンク切れチェックツール「takotubo.jp」にアクセス後、リンク切れをチェックしたいページURLを入力し、「check!」ボタンを押します。
②リンク切れが無ければ、以下のように「リンク切れは見つかりませんと表示されます」
下部の「リンク一覧」では、チェックしたページに設置されてるリンクの状況を最大200件まで確認できます。

リンク切れがもたらす影響

リンク切れが発生するとユーザーの利便性が低下するため、ページの評価が下がり、検索のランキングが下がる可能性があり、それが最終的にSEOに影響を与える可能性があります。

ユーザーの利便性はGoogleの最も重要な要素です。

つまり、あらかじめ適切なカスタム404ページ(Googleガイドラインに準拠した独自の404エラーページ)を設置し、ユーザーの利便性を考慮しながら、リンク切れに対応することがSEOにおいての悪影響を抑止できると言えます。

まず、「入力ミスや文字列の欠落などのスペルミス(要素のhref属性の設定)」を確認し、共通部分で共通の原因を確認してから、リンク切れの原因を調査する必要があります。 。

リンク切れの原因

リンク切れはHTTPステータスコード “404”を返し、 “ページが見つかりません”という単語がWebページに表示されることがよくあります。
この状態の原因となっているリンク切れについては、以下の原因が考えられます。

  • スペルミス
  • 誤字や脱字などのスペルミスページのURLにアクセスしたため、404エラーページが表示されてリンク切れが発生した。
  • ページは削除されました
  • 404エラーページが表示され、リンクは既に閉じられているか削除されているページURLにアクセスされているた壊れています。

    まとめ

    リンク切れに適切に対応し、ページの質を管理しましょう。

    良質な発リンクを設定し、利便性の高いページを提供しながら、上位化を目指すことが重要です。

    昨今、インフルエンサーなどを中心に「ブログはオワコン」「SEOもオワコン」のようなことが言われていますが、依然としてSEO対策は内部対策も外部対策も効果があります。もちろんGoogleが提唱する「ユーザーリビティ」、つまり読者の役に立つ情報を提供するコンテンツでなければならないのはいうまでもありませんが、それだけで検索で上位表示されるほど甘くはありません。
    この辺りの事情について以下のブログで詳しいので参照してみてください。
    →https://premium-lounge.info/freelife/seo-effectiveness/