FACEBOOKをSEOに有効活用する

FACEBOOKのSEO効果

Facebookページで自分のサイトのWebコンテンツを宣伝したり、自分のWebページに適切なボタンをインストールしたとしても、「いいね!」や「共有」などのエンゲージメントの数を増やすことができます。 直接的なSEO効果はありません。

しかし、Facebook上の「いいね」と「共有」の数を増やすことで、外部サイトに自分のサイトを閲覧するように促すことができるので、ついにリンクを取得することができます。

このように、自分のサイトのバックリンクが増えれば、グーグル(検索エンジン)で評価しやすいサイトにすることができ、大きなSEO効果が期待できます。

このことを念頭に置いて、今回は、FacebookによるSEO効果に焦点を当てて、初心者にとってわかりやすい方法で要点を要約したいと思います。

FACEBOOKのもたらす効果

Facebookを使って自分のウェブサイトのWebページ(ブログ記事)をFacebookページに宣伝してみましょう。 WebサイトのWebページに共有ボタンを配置することは、SEO対策(検索エンジン最適化)と一致するようになりました。

そうすれば、たとえ自分のサイトへのリンクがFacebook上で公開されていても、そのリンクにはnofollow属性が与えられるので、バックリンクによる直接的なSEO効果は期待できません。

ただし、Facebookを使用して、より多くのユーザーに共有を促し、エンゲージメントを向上させると、アクセス(トラフィック)や外部サイトでの参照が可能になるため、間接的なSEO効果が期待できます。

たとえば、Facebookページで自分のWebページを宣伝し、フォロワーまたは広告を表示して、興味のあるユーザーや興味のあるユーザーに個別に表示させると、「いいね!」や「共有」などのユーザーが増えます。
これにより、外部サイトを参照する可能性が高まるため、ようやくバックリンクを取得することが期待でき、SEOの影響も期待できます。

同時に、ソーシャルサイト(Facebookサイトなど)や参照サイトからのアクセスの流入が増加する可能性があるため、アクセスの増加によるSEO効果も期待できます。

このように、あなたがFacebookを使うなら、あなたはリンクとアクセスの数を増やすことができるので、それはグーグルによって評価されやすいサイトになるでしょう、そして結局あなたは今より高いランキングを期待することができます。

ちなみに、グーグルの公式によれば、受信したリンクの数が検索のランキングの要素の中で最も重要な要素であると述べているので、リンクの獲得を促進するためにFacebookを利用することはSEO効果につながると言えます。

一方、アクセス番号ですが、これは必ずしもGoogleの関係者にとって重要な要素として言及されているわけではありません。
しかし、SEOに敏感なユーザーの中にはアクセス数を増やして検索ランキングを向上させたものがあり、このブログ「SEO Lab」でも、Facebookを使って集客力を高めることを推奨するWebページです。対応するキーワードランキングは一時的に上昇するかもしれません。

アクセスの質(着信ユーザーの直帰率や滞在時間などのパフォーマンス)を評価することが可能な場合があります。
したがって、この観点から、Facebookを使用して自分のサイトへのアクセスを促進することは、SEO効果につながると考えられます。

高品質なページをもとにFacebookを活用する

Facebookを使用することで、あなたのウェブサイトへのアクセスの流入を増やすことができ、そしてあなたはリンクの獲得を奨励することができるので、あなたはついにSEO効果を期待することができます。

上述したように、SEO効果を得るためには、まず、ユーザの利便性を考慮して、コンテンツ(例えば、検索ユーザが必要とする情報を含むコンテンツ)を作成して高品質のページを作成する必要があります。

このような高品質のページは、興味のあるユーザーと共有されているため、ソーシャルサイトや参照サイトからの流入が大幅に増加し、リンクの数が増加しています。

そうであれば、ページの品質がさらに向上し、それによって対応するキーワードのランキングを向上させることが容易になり、SEO効果も期待できます。

このような高品質のページを増やし、サイト自体の品質を向上させながらグーグルに評価されやすいサイトを運営することがSEO対策において重要であり、トップディスプレイを目指すことがポイントです。

まとめ

FacebookやTwitterなどのSNSサービスを使用してSEOの効果を高めます。

そのためには、ユーザーフレンドリーなコンテンツを作成し、共有しやすい高品質のWebページを提供する必要があります。

それでは、より多くのユーザーに1ページずつ高品質のコンテンツを認識させる一方で、リンク先の取得を奨励しましょう。

ここでは、Facebookを副次的に使用し、元のサイトのコンテンツの品質を向上させることに重点を置いてSEO対策を推進することが重要であることに留意したいと思います。

そうすることで、Googleがサイトごとおよびページごとに評価されやすくなり、最終的に検索の上位ランキングが大幅に増加します。