内部リンクを最適化する方法

内部リンクがSEOの鍵を握る

内部リンクは、Webサイト内のページをつなぐリンクです。
この内部リンクを最適化することで、検索性を向上させ、インデックスを作成するのが簡単なWebサイトになることができるようになります。そのため、SEO効果による検索トップランキングが最終的に期待できます。

ただし、内部リンクを最適化しただけでは、ランキングの向上が容易になるわけではありません。

リンク先ページのコンテンツの品質もアップグレードを容易にするために重要です。
この点を踏まえて、今回は、内部リンクの最適化のポイントに焦点を当てながら、初心者にもわかりやすい方法で問題をまとめて説明します。

内部リンクって何?

内部リンクは、Webサイト内のページをつなぐリンクです。
また、サイト内の別のページから受け取ったリンクは内部リンクです。

ちなみに、内部リンクとは対照的によく話される外部リンクは、外部サイトから受信したリンク(リンク)を指します。

どちらも他のページから受け取ったリンクですが、主な違いは、内部リンクは「サイトの内側から」、外部リンクは「サイトの外側から」のリンクです。

この内部リンクが最適化されると、検索エンジンによってクロールおよびインデックス付けされやすいWebサイトが構築され、その結果、サイトがGoogleによって評価され、アップグレードされます(上位の検索ランキング)。それは期待できます。
また、内部リンクの最適化は、Webサイト内のページを互いにリンクすることだけではありません。

関連性が高く、ユーザーの利便性を考慮して、高品質のページにリンクする必要があります。
そのため、Webサイト内の良いページの数を増やす必要があります。また、内部リンクの最適化では、Webサイトを特殊化してそれらのページへのリンクを容易にすることが重要です。

最適化する方法

これまで少し触れたように、内部リンクを最適化すればGoogleから評価されやすいサイトとなり、結果的にそのサイトは上位化がより期待できるようになります。

そのためには、ただ内部リンクを増やすのではなく、基本的にサイト内の関連する高品質なコンテンツへのリンクを増やしていくことが内部リンクを最適化する上で重要となります。

このように最適化するためには、サイト構造も考慮する必要がありますので、その点踏まえて内部リンク最適化のポイント(内部リンク最適化の方法)を紹介していきたいと思います。

まとめると、

  • 関連する高品質なページへリンクする
  • リンク先のページ内容がわかるアンカーテキスト
  • パンくずリストを設定する
  • サイトマップを作成する

この後それぞれの項目について説明します。

関連する高品質なページへリンクする

関連する高品質なページからの被リンクが良いとされると同様に、内部リンクでも同じことが言えます。

例えば、自サイトのウェブページのテキスト(ブログ記事)などのコンテンツから、サイト内の他のページへの内部リンクを張る場合があると思います。
そのときは、ソースページのコンテンツとランディングページのコンテンツの関連性を強調する必要があります。

その理由は、ユーザーが前後のテキストの内容またはページのテーマに基づいて内部リンクをクリックするため、リンクに関連する詳細情報が求められる可能性が高いからです。

つまり、関連ウェブページへの内部リンクの貼り付けは、ユーザの利便性を高め、結果としてリンク元ページおよびリンク先ページの品質の向上につながり、グーグルによって評価され、それらのページは、簡単にランクが上がります。

もちろん、関連性が高いというだけではなく、関連する高品質ページに内部リンクを配置することも、内部リンクの最適化において重要なポイントです。

ところで、高品質のページは単に「ユーザーをより満足させるコンテンツを含むWebページ」です。
もう少し詳しく言うと、内部リンクをクリックしたユーザが要求した情報(内部リンクのアンカーテキストの文言内容に応じた情報)が充実していること、より簡単に情報ページに対応

したがって、内部リンクの最適化のポイントは、関連する高品質のページを追加し、それらのページに内部リンクをリンクし、Webサイト内で高品質の内部リンクを実行することです。

そうすることで、クローラーやユーザーがWebサイトを再利用しやすくなり、サイトのパフォーマンスが向上し、Googleが高く評価されやすくなり、トップランクになりやすくなります。

リンク先のページ内容がわかるアンカーテキストにする

内部リンクを貼り付けるときは、アンカーテキストのテキストコンテンツをリンク先ページのページコンテンツと一致させることが、内部リンクを最適化するための鍵となります。

もう少し言えば、リンク先のページタイトルが「内部リンクとは?内部リンクを最適化する点について」であれば、アンカーテキストの文言もリンク先のページタイトル名と同じ内容になります。

こうすることで、アンカーテキストのテキスト内容を見てリンクをクリックしたユーザは、ランディングページに着地しても迷うことなくスムーズに内容を読むことができる。

このように、アンカーテキストとランディングページの一貫性をユーザーにとって便利な内部リンクにすることは、SEO対策において重要であり、それはより高いランクを目指すためのポイントです。

パンくずリストを設置する

パンくずリストとは、サイト内のページの位置を示して、クローラーとユーザーがサイト構造をよりわかりやすく把握できるようにするためのナビゲーションリンクのことです。

なので、基本的にはこの点を念頭においた上で、パンくずリストを設置して内部リンクを最適化することがポイントとなります。
そのためには、ページごとに見合うカテゴリを設定して、そのカテゴリをパンくずリストで表示させるようにします。

そうすることで、ページごとにどんな属性のページなのか?すぐ把握できたり、関連ページにより素早く辿りつけるようになるので、クローラビリティやユーザビリティの向上に寄与しやすくなります。

このようにしてユーザーやクローラーとってわかりやすいサイト構造となれば、Googleに評価されやすいサイトとなるので、結果的に、今以上に上位化が期待できるようになります。

また、スマホなどのモバイル端末での閲覧上、ユーザビリティを考慮して、パンくずリストを表示させないという選択肢もあります。

ですがこれは、その分クローラビリティが落ちる可能性があるので、ページごとに内部リンクを充実させたコンテンツを提供して、クローラーの導線を確保し、クローラビリティを高めるように補う必要があるでしょう。

ちなみに、当ブログ「SEOラボ」ではすべての端末でパンくずリストを設置しており、Googleにも問題なく評価されて、サイトも上位化している状況です。
もう少し言うと、ユーザーにとってコンテンツ閲覧の大きな妨げとならないように、モバイル端末ではパンくずリストを1行で表示して、すべてのデバイスでパンくずリストを設置しています。

このように、ユーザーやクローラーにサイト構造をより分かりやすく認識させるようにパンくずリストを設置することが、SEOにおいて重要であり、結果的に内部リンクの最適化となります。

もちろん、先述でも触れてますが、リンク先のページの質も重要となります。
なので、パンくずリストを設置してサイト構造をわかりやすくし、かつ関連する高品質なカテゴリページやトップページへリンクしながら、内部リンクを最適化することがポイントとなります。

パンくずリストを作成する

パンくずリストは、サイト内のページの場所を示すナビゲーションリンクで、クローラとユーザーがサイトの構造を理解するのに役立ちます。
したがって、基本的には、この点に留意しながら、ブレッドクラムを設定し、内部リンクを最適化することが重要です。

これを行うには、各ページに適切なカテゴリを設定し、そのカテゴリをブレッドクラムに表示します。
そうすることによって、ページごとのページはどのような属性ですか?すぐに関連ページをすばやく把握して見つけることができるようになるので、追跡性と使いやすさを向上させるのに役立ちます。

このように、サイト構造がユーザーやクローラーにとって理解しやすいものであれば、Googleによる評価が容易なサイトになるため、これまでよりも高いランキングが期待できます。

また、スマートフォンなどの携帯端末で閲覧する際の使い勝手を考慮して、ブレッドクラムを表示しないという選択肢もある。
ただし、これによりクロール性が低下する可能性があるため、クローラのリードを確保し、クロール性を向上させるための補足として、各ページに強化された内部リンクを含むコンテンツを提供する必要があります。します。

もう少し詳しく言うと、モバイルデバイスでは、パンくずリストは1行に表示され、ブレッドクラムはすべてのデバイスに設定されているため、ユーザーのコンテンツ閲覧はそれほど妨げられません。

このように、ユーザーとクローラーがサイト構造をより明確に認識できるようにブレッドクラムを設定することは、SEOでは重要であり、内部リンクの最適化につながります。

もちろん、前述したように、リンク先ページの品質も重要です。
したがって、サイトの構造をより明確にし、関連する高品質のカテゴリページやトップページにリンクするためにブレッドクラムを設定しながら、内部リンクを最適化することが重要です。

HTMLサイトマップを活用する

XMLサイトマップを使用する機会は多数あります。主にクロールとインデックス作成を促進しますが、他のHTMLサイトマップをインストールすることで内部リンクを最適化できます。

もう少し詳しく言うと、HTMLサイトマップは、サイト内に存在するすべてのWebページへの内部リンクを配置してサイト構造を一覧表示するためのファイルです。
そのため、クローラやユーザーにとってサイト構造を認識しやすくなり、サイト内のコンテンツを見つけてローミングしやすくなり、最終的にはサイトのパフォーマンスが向上します。

このため、ヘッダーやフッターなどの一般的なサイトコンテンツには、クローラとユーザーを追跡するためのHTMLサイトマップへのリンクを設定する必要があります。
その理由は、HTMLサイトマップはクロール時に非常に効果的だからです。そのため、クロールするためにすべてのページからアクセスできる共通のコンテンツにHTMLサイトマップへのリンクを配置することが重要です。これが内部リンクの最適化のポイントです。

その後、クローラー(Googlebotなど)は到達できないWebページへのリンクをカバーするHTMLサイトマップに高い確率でクロールされ、インデックスの昇格につながり、サイト全体のページになります。

もちろん、HTMLサイトマップ内のリンク先ページの品質も重要です。
つまり、サイト内のすべてのWebページへの内部リンクを作成するので、リンク先のすべてのページを高品質にする必要があります。

ちなみにこの場合、HTMLサイトマップ自体の役割(サイト内のページへのリンクを一覧表示する役割)があるので、基本的にリンク先ページの関連性を意識する必要はありません。
このように、HTMLサイトマップを使用して内部リンクを最適化することで、最終的にGoogleでサイトを簡単に評価でき、より高いランク付けが期待できます。