複数のキーワードでSEO効果を出すには?

複数のキーワードでSEOする

「複数のキーワードに移動するにはどうすればよいですか」という相談がたくさんあります。

このような問題がある場合は、1ページに複数のキーワードに移動したい場合がよくありますが、極端に言っても移動するのは困難です。

SEOは基本的には1ページと1キーワードであるため、複数のキーワードの場合は扱うページを増やす必要があります。

この点を踏まえ、今回は複数のキーワードでSEO(SEO対策)を行う方法について考えたいと思います。

1ページ1キーワードが原則

冒頭でも触れてますが、複数のキーワードで上位化するには1キーワードごとに1ページで対策する必要があります。

なので、3キーワードで上位化させたい場合は、3ページ必要になるということです。

上位化させたいキーワードが3つある場合、それぞれ各ページにキーワードを振り分けて、そのキーワードに特化して対策します。

そうすることで、各ページのテーマが絞れて明確になるので検索クエリとの関連性が高まり、Googleに評価されやくなるというわけです。

つまり、基本的な考え方として1ページ1キーワードで対策しながら、複数キーワードのSEOを進めていくことが重要となります。

1ページで複数のキーワード対策はNG

1ページに3つか4つ上がるキーワードを入力すると、テーマが揺れ、検索クエリとの関連性が低下します。

その結果、どのキーワードも宣伝されないケースが多いため、基本的に1ページに複数のキーワードを配置しないことをお勧めします。

ポイントは「検索クエリとの関係」です。
Googleは、ユーザーの検索語句(検索クエリ)に一致するコンテンツを評価し、それを一番上にプッシュします。

このようなコンテンツを実現するためには、キーワードをテーマに合ったものに絞り込む必要があります。
つまり、1ページに複数のキーワードが含まれていても、1つのキーワードに焦点を絞った最初のページをユーザーに提供することが重要です。

1ページ1キーワードのポイント

1ページと1キーワードに対応するためには、タイトルとコンテンツに昇格させたい1キーワードをハイライトするのがポイントです。

タイトルはキーワードを中心とした簡単な言葉です。
エスカレートしたい他のキーワードが含まれないように、1つのキーワードを目立たせるタイトル名を使用しましょう。

コンテンツは、ページの先頭、ページの末尾、ページの先頭、各セクションの説明の末尾、キーワードの末尾のキーワードなど、タイトル(ページテーマ)と一致している必要があります。

1ページ1キーワードのメジャーで、あなたが書いていること(ページのテーマ)を意識したコンテンツを作成することは常に重要です。

まとめ

1ページ1キーワードを基本に対策を進めて、複数のキーワードを上位化させましょう。

テーマを1つに絞ってページ作成し、検索クエリとの整合性を高めながら、SEO対策を進めることが重要です。