独自ドメインの方がSEOに有利?

独自ドメインはSEOに有利なのか?

独自ドメインとは、自分のサイト名などを用いて、他サイトとは異なるオリジナルの名前を採用した唯一のドメインのことです。

そのため、基本的には無料のブログサービスなどのドメインには依存しないため、サイト運営のパフォーマンスはそのままドメインに戻り、SEO効果の向上は自身のドメインに最大限反映されます。

あなたが質の高いWebサイトを運営することができれば、あなたのドメインはそれに応じて評価され、あなたは検索ランキングの大幅な増加を期待することができます。
このため、あなたは独自ドメインがSEOにとって有利であると言うことができます。

これらの点に基づいて、今回は独自ドメインはSEOにとって有利なのかについて初心者にもわかりやすい方法でポイントを紹介したいと思います。

独自ドメインとは何か?

独自ドメインとは、他サイトと異なるドメイン名を持った唯一のオリジナル名のドメインのことです。

基本的に独自ドメインは有料サービスなので、ドメイン維持費やレンタルサーバー料などのドメインを取得・運用するのに費用が掛かります。 このようにコストを要しますが、サイト運用の面、SEOの面で無料ブログサービス、無料ドメイン取得サービスなどに依存したドメインよりも十分メリットが大きいのが独自ドメインと言えます。

また、独自ドメインを取得することで、サブドメイン(共有ドメイン)やサブディレクトリでのサイト運用も簡単に行えます。

このようにサイト運用において柔軟性を兼ね備えてるのが独自ドメインであり、SEOを考慮したうえでもぜひ取得しておきたいところです。

ちなみに、無料の独自ドメインを取得することもできますが、ドメインの信頼性やドメインの運用管理においてもリスクが懸念されるので、新規サイトを立ち上げるなどの際には慎重な検討が必要です。

仮に、無料の独自ドメインを取得してすでにサイト運用してる場合、リスクを排除するためにドメインを新たに取り(新規ドメインを取り)、設定し直すという方法も選択肢の1つです。

独自ドメインのメリット

独自ドメインは無料のブログサービスのような他のサイトに依存しない唯一のドメインなので、基本的にあなたはあなた自身のあなたのサイト運営の全てを管理することができます。

それで、あなた自身のサイト運営によるパフォーマンス(SEO効果)はドメインのそれになります。

言い換えれば、あなたはSEOの最大の効果を期待することができるので、あなたが良いウェブサイトを運営することができれば、あなたは独自ドメインの利点をフルに利用してSEOに有利な状況を作り出すことができます。

一方、Ameba、FC2ブログ、livedoorブログなどの有名なブログサービスを開発すれば、ドメインの力が強いので、無料ブログサービスの無料ドメインは、専有ドメインと比較してSEOの恩恵を受けることができます。

しかし、SEO対策は限られており、HTMLソースコードの調整などの内部対策のような重要な対策を柔軟にすることはできないため、最終的にSEOの効果を最大化することはできません。
このことから、元のドメインはサイトの運用と対策においてより柔軟であると言えるので、SEOの効果を最大化することができ、それはSEOにとって有利です。

また、独自ドメインでは、新たに関連するサイト(関連商品や関連サービスなど)をサブドメインで横展開して、サテライトサイトとしてメインドメインのSEO効果を高めるのに利用することも可能です。

このような運用方法を行うために、まずはメインドメインに注力することが基本となります。

もう少し言うと、そのメインサイトで良質な関連コンテンツを増やして、サブディレクトリなどでサイト構造を整理しながら1つのサイトを強化することが重要となります。
そうして、メインドメインの力を最大限に引き出しましょう。

これは、SEOにおいて非常に重要なことであり、独自ドメインではそのドメインパワーを最大限引き出せる点がSEOで有利な点となります。

まとめ

今回触れたように、良い独自ドメインを取得したうえで、サイト運用を行いましょう。
これはSEOにおいても重要となります。

つまり、良い独自ドメインのもとサイトを最適化して、ユーザーファーストを考慮したWebページを提供しながら、上位表示を目指すことがSEOのポイントとなります。