パンくずリストをSEOで有効活用

パンくずリストを有効活用

パンくずリストを正しく使ってユーザーの利便性を高め、SEO効果を上げながら、サイト運用することが大切です。

今回は、SEOにおけるパンくずリストについて解説したいと思います。

パンくずリストとは?

パンくずリストとは、ページの位置や属性をユーザーや検索エンジンにより明確に示すWebサイト内のナビゲーションのことです。

Googleでは次のように定義されています。

パンくずリストとは、ページの上部か下部にある内部的なリンクの行です。つまり、「内部リンク」の1つとなります。
訪問者はパンくずリストを使って、前のセクションやルートページにすばやく戻ることができます。ほとんどのパンくずリストでは、最初の左端のリンクとして最も一般的なページ(通常はルートページ)を置き、右側に向けてより具体的なセクションを並べています。
※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ

このように、現在のページがどの位置でどんな属性なのか?構造をわかりやすく明示して、サイト内の回遊性を上げる利便性の高いリンクが、パンくずリストと言えます。

パンくずリストの必要性とSEO

適切に配置されたパンくずリストは、ユーザーエクスペリエンスとサイトの価値を向上させるため、検索ランキングの向上など、優れたSEO効果が期待できます。

パンくずリストを含むナビゲーションの必要性について、Googleは正式に次のように述べています。

サイトのナビゲーション(ページ間の誘導経路)をわかりやすく整理することは、ユーザーが迅速に目的のコンテンツにたどり着けるようにするために重要です。また、検索エンジンにとっても、ウェブマスターがどのコンテンツを重要と考えているのかを理解するのに役立ちます。

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: NPO 向けサイト クリニックを実施しました

このことから、重要な内容を明確にするにはパンくずリストが不可欠であると言えます。

つまり、パンくずリストを含むナビゲーションでページの位置と属性を明確にし、コンテンツを強調表示しながら、利便性を向上させることがSEOで重要です。

パンくずリストの使い方

パンくずリストは、サイト内のWebページの位置を以下のように明確にすることができるナビゲーションの1つです。

ページごとに明示し、どんなコンテンツがどこにあるのか?位置関係がすぐ認識できるサイト構造にするために、パンくずリストを提供することが重要であり正しい使い方と言えます。

まとめ

パンくずリストを適切に提供して利便性を高めることが、SEOにおいて重要です。

ユーザーや検索エンジンがよりわかりやすいサイトにし、重要なコンテンツを際立たせながら、上位化を目指すことが重要です。