SEOに効果的なタイトルのつけ方

SEOに効果的なタイトルの文字数について

SEOの効果を最大化するためには、タイトルの文字数を考慮してタイトルタグ(title tag)を最適化することが重要です。

また、検索結果に表示されるタイトルの文字数はある程度決まっているので、その対策した文字数の範囲内で対策キーワード(SEOキーワード)を含むタイトルを作成する必要がある。

たとえば、SEOキーワードを先に含めることでタイトルの文言を作成します。
これにより、検索クエリとの関連性が高い用語を含むタイトルが漏れなく検索結果に表示されるため、ユーザーの利便性が向上し、より多くのSEO効果が期待できます。

この点を踏まえて、今回は、SEOに有効なタイトルの文字数を中心に、初心者にもわかりやすいように要点をまとめたいと思います。

タイトルタグとは?

タイトルタグは、Webページ(ブログ記事)のテーマを具体的に説明するためのHTMLタグです。

そしてこのタイトルタグはSEOで最も重要な要素の一つです。
そこで、例えば、タイトルタグで囲まれたタイトルの文言を適切に調整し最適化することで、SEO効果による検索ランキングの向上が期待できます。

このようなSEO効果を発揮させるためには、基本的にはWebページごとにユニークなタイトルの文言を作る、あるいはSEOキーワードを含むタイトルの文言を作るなどのSEO対策が必要です。

このように質の高いタイトルを付けるためには、タイトルの文言の内容だけでなく、タイトルの文字数も意識することがSEO効果を最大限高めるうえで重要なポイントとなります。

SEOに効果的なタイトルの文字数

SEOの効果を最大化するためには、タイトルの文字数を考慮してタイトルタグを最適化することが重要です。

その理由は、検索結果に表示されるタイトルの文字数に制限があり、この制限に達すると、タイトルの文言に含まれるSEOキーワードが省略される可能性があるためです。

この場合、検索クエリの一貫性がなくなり、検索ユーザーの利便性(反応)が低下し、タイトルのクリック率が低下するため、検索の流入が最大化されなくなる可能性があります。

このような事態を回避するためには、タイトルの所定文字数以内の検索結果において、SEOキーワードを含む検索クエリに関連する単語を表示することが、SEO効果をより高めることがポイントとなります。

このタイトルの文字数の制限はPCとスマートフォンで異なるため、各デバイスに対応したタイトルの文言を作成しましょう。

PCの場合のタイトル

PCのGoogle検索結果では、タイトルの文字数が「30~35文字程度」となります。

スマホの場合のタイトル

スマホのGoogle検索結果では、タイトルの文字数が「36~41文字程度」となります。
このことから、PCとスマホの両方のデバイスに同時に対応するためにタイトルの文字数を「35文字以内」にしながら、タイトルタグを最適化するとよいでしょう。

そうして、決められた文字数の範囲内に収まるように、ユーザーの利便性を考慮したタイトル名を作成することがSEO効果を最大限引き出すためのポイントとなります。

SEO効果を生み出すタイトルの書き方

上述のように、SEO効果を最大化するためには、タイトルタグの文字数を考慮してタイトルタグを最適化することが重要です。

そしてタイトルタグを最適化するときに最も基づいて欲しいとと私が思うのは、検索クエリとの関連性を考慮することです。

もう少し言えば、titleタグの最適化には検索ユーザが欲しい情報がタイトルの文言に含まれていることが重要であり、それがタグの最適化に重要です。 SEO対策のトップディスプレイを目指します。

そのため、これらの要素を満たすtitleタグを作成するには、最初に表示したいキーワード(SEOキーワード)を含めてタイトルの文言を作成します。

SEOキーワード以外の文言になると、トップクラスにしたいキーワードを検索することで表示される競合トップサイトタイトル名の文言傾向から採用されます。

  • 本ページのSEOキーワード:「seo タイトル 文字数」
  • 本ページのタイトル名:「SEOに効果的なタイトルの文字数について」
  • この店を守ることでSEOキーワードを含むユーザーの検索意図を考慮したタイトル名を作成することで、Googleに評価されやすいタイトルの文言が出来上がります。

    そして、出来上がったタイトルの文字数を「35文字以内」に収めて、重要な文言が省略されないように検索クエリとの関連性を維持しながら、タイトルタグを記述することが、SEOの効果を引き上げるためのポイントとなります。

    まとめ

    タイトルの文字数を考えて、それをもっとSEO効果のあるタイトルタグにしましょう。
    そのためには、最大35文字までの認識で、SEOキーワードを含む検索クエリに関連するタイトル名を作成することが重要です。

    そして、完成したタイトルに合わせて見出しをつくり、その見出しに合ったコンテンツを作成することが重要であり、これはSEO対策を推進する上で重要であり、トップディスプレイを目指すことがポイントです。