ユーザビリティの高いコンテンツにする方法

ユーザビリティが重要

ユーザビリティの高いコンテンツを作成するために、使いやすさと読みやすさを考慮してください。

もう少し詳しく言うと、PC検索、モバイル検索、音声検索など、すべての検索ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを作成して提供します。
たとえば、スマートフォンやモバイルに対応させたり、ブラウザで画像の一部を書き込んだり音声で読んだりできるようにするなど、いくつかの方法があります。

このように、ユーザビリティの高いコンテンツを提供するためにブログでSEO対策を推進することは、トップランキングを目指すための鍵です。

具体的には、

  • サイトの読み込みをスピードアップ
  • スマートフォン対応
  • 内容を読みやすくする
  • 画像のalt属性を説明する
  • HTTPSを使用

 以上の項目順にユーザビリティの高いサイトを作るコツを紹介したいと思います。

サイトの読み込み速度を早める

AMPは、サイトの読み込み速度(表示速度)を速くするための最良の方法です。

通常のサイトであるならば、別のAMPページを作成し準備する必要がありますが、WordPressを使用している場合は、AMPをサポートするために「AMP for WordPress」などの特別なプラグインを導入してください。

ただし、AMPは実装が困難なため、実装できないサイトが多数あります。
そうした場合は、不要なファイルなど、サイト上のリソースを減らして、サイトの読み込みを速くします。

・画像、JavaScriptおよびCSSファイルサイズを圧縮する
・ブラウザキャッシュを利用してリクエスト数を減らす
・First Viewでのレンダリングを妨げるコンテンツをJavaScriptやCSSよりも先に表示する
・サーバーの応答時間を短縮するためにPHPバージョンのバージョンを改善する

このような点に気をつければサイトの速度が向上し、離脱率や直帰率が下がります。そのため、ブログをより快適に閲覧できるようにしながら、ユーザビリティの高いコンテンツを作成することができます。

スマホ対応する

レスポンシブデザインは、スマートフォンのサポートに最適なソリューションです。

レスポンシブデザインをするには、まず対象となるHTMLファイル “meta viewport”をマークアップします。これはモバイル機器での最適なWeb表示のための専用のHTMLタグです。

そして、スマートフォンについてはCSSが記述されており、スマートフォンから見たときに「文字の大きさ」「リンク間の距離」「コンテンツの幅」が最適なWebページを表示します。

このように、コンテンツをモバイル対応にする一方でコンテンツを非常に使いやすくすることが、ブログに対するSEO対策を進めるための鍵となります。

読みやすいコンテンツにする

読みやすいコンテンツを作るために必要なことをまとめます。これまで述べてきたリライト、校正を行う際に参考にしていただければと思います。

  • 誤植をなくす
  • 分かりやすくする
  • わかりやすい言葉を使う
  • 冗長な文章を単純化する
  • 読みや句読点を入れて長い文章を区切る

このように、ブログのSEO対策を推進するためのポイントは、わかりやすい文章でありながら、使い勝手の良いコンテンツを作成することです。
また、文字サイズや文字色を変更したり、下線や太字を使用したり、行間やスペースなどを空けてテキストを目立つようにして、テキストを読みやすくしましょう。