サブドメインとサブディレクトリィのどっちがSEOに有利?

サブドメインとサブディレクトリィのどっちが有利?

サブドメイン、サブディレクトリ、サイトのいずれでSEOを推進する必要がありますか? それは有利か不利か? それはしばしば話題になります。

結論から先に言うと基本的にどちらもSEOに不利な点はありません。

別の言い方をすると、サブドメインを上位にするためには、まずサブディレクトリでルートドメインのドメインパワーを強化する。

したがって、「ドメイン力」は、SEOの観点から見たサブドメインおよびサブディレクトリの操作に強く関連しています。

このことを念頭に置いて、どれがサブドメインとサブディレクトリ、およびSEOのためにどっちが優れてい流のか?という点をまとめて説明したいと思います。

そもそもサブドメインとサブディレクトリとは?

サブドメインとは、ルートドメイン(例:seo-navi.tokyo)に対して、さらにオリジナル名を冒頭に付加したドメイン(例:sub.seo-navi.tokyo)のことを指します。

    ルートドメイン:seo-navi.tokyo
    サブドメイン:sub.seo-navi.tokyo

このように、「sub」のように、ドメインの下位階層レベルでオリジナル名を付加することでサブドメインとなります。

また、サブドメインは別ドメインの扱いとなり、ルートドメインに対して副次的に利用するドメイン形式となります。

一方、サブディレクトリとは、ドメインの配下(ドメイン内)で作成したディレクトリまたはカテゴリ(例:seo-navi.tokyo/sub/)のことを意味します。

このように、ドメイン内でカテゴリを作る、ディレクトリを切るなどしてページ作成することでサブディレクトリが生成できます。

ドメイン内ですべて管理できるので、サイト運用も一貫してスムーズに行えるのがサブディレクトリとなります。

また、最近は、拡張子付きのURLでなく、サブディレクトリと似たディレクトリ型URLで運用するサイトが増えてるため、一覧ページなのか個別(記事)ページか?URLからは見分けが難しくなってます。

どう使い分けたらいいのか?

サブドメインとサブディレクトリの使い分けとしては、基本的にそれぞれ役割があるので、それに沿った使い方をするとよいでしょう。

サブドメインは、ルートドメインに関連するサービス(関連テーマ)があればサブドメインとして運用します。

例えば、価格.comを参考にすると、ルートドメイン(kakaku.com)が商品販売サイトに対して、サブドメイン(bbs.kakaku.com)では商品の掲示板サイト(商品の口コミやレビュー、QAなど)を運用してます。
このように、メインサイトに関連する別のサービスをサブドメインで運用するように使い分けるのが一般的と言えます。

他方で商品に関連する情報(商品の特徴、商品の実績、商品の価格など)は、サービスに特化した深い内容なので、それぞれサブディレクトリにコンテンツを落とし込んで運用するのが、理想的な使い分けと言えます。

つまり、1つの商品に対してどんな関連情報(関連性のある情報)を発信するか?によって、サブドメインとサブディレクトリを使い分けることがポイントと言えます。

SEOに有利なのはどっち?

基本的に、SEOよりもサブドメインまたはサブディレクトリのどちらにも利点も欠点もありません。
その理由は、前述のように、サブドメインとサブディレクトリには独自の役割があるため、それらを適切に使用するとユーザーにメリットがあり、SEOの方法でより良い結果が得られるためです。

その中でも、SEOの観点からだけ見れば、ドメインの権力が深く関わってくることに注意しましょう。

何が起こるかというと、あなたがサブドメインを使い始めるとき、それはちょうど普通のウェブサイトのように低いドメインパワーから始まり、そしてそれは検索することも難しいということです。

※ルートドメインから直接の利益がありますが、基本的には、新しいサイトと同様のドメインパワーが弱いSEOの状況として考えてみましょう。

言い換えれば、現時点ではランキングを取得するのは難しいので、SEOでは不利であると言えます。
しかし、ルートドメインのドメインパワーが強い場合は、リンクをルートドメインからサブドメインに拡張してSEO効果を流すことができるため、サブドメインのドメインパワーを直ちに強化することができます。

つまり、サブドメインを運営していても、ランキングを上げてSEOに有利な状況を作り出すのは簡単です(SEO対策)。

これからわか​​るように、ルートドメインのドメインパワーが強いことが絶対条件です。
ブログやウェブサイトの一般的なSEOの状況を考えると、SEOが圧倒的に成功しているサイトは少ないので、そのような不利なサイトは、ルートドメインのドメインパワーで始めるためにサブディレクトリで操作されるべきです。あなたはそれを上げるべきです。

一方、amazon、楽天、Yahoo、Googleなどのドメイン力の優れたサイトでは、関連サービスをサブドメインに展開してもルートドメインからSEOサービスを拡張できるため、サブドメインのSEOを向上させることができます。

さらに、そのような大規模なサイトは十分なスタッフリソースを持っているので、彼らは彼らの運営費を惜しみなく使うことができて効果的にサブドメインSEOを強化することができます。

このように、サブディレクトリでのサイト操作でルートドメインのドメイン力を強化した上で、サブドメインの操作に優位性を持たせることがSEOにおける重要な考え方です。