引用(サイテーション)のもたらすSEO効果について

引用もSEOに影響する?

サイテーションとは「引用・言及」という意味で、SEOにおいては自身のWebサイトに関するリンクなしの引用や言及のことを指します。

このサイテーション(引用)が増えることで、SEO効果が見込める(検索順位に好影響を与える)と言われてます。しかしただ自身のサイトに関する引用や言及(レビューや口コミ)の数が増えるだけでは意味がありません。

例えば自身のWebサイトの評判の良さを示すような好意的な引用が多ければ多いほど、その分SEO効果が見込めます。

一方で当然ではありますが、サイトの悪評を含んだ引用や言及が増えて、サイトの信頼性が欠ければ、Googleから低評価を下される可能性もあります。

こうした否定的なサイテーションは、一般的にサイトの規模が大きくなればなるほど、増えやすくなりますので、肯定的なサイテーションの割合が増えるようにSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントと言えます。

今日はこの点を踏まえて、サイテーション(引用)のSEO効果について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

高品質なサイトに仕上げる

高品質サイトに仕上げるためには、良質なページを増やすことを考慮します。

例えば選定したキーワードにおけるユーザーの検索意図(ユーザーが求める情報やその情報の量・情報の手に入れやすさ)、信憑性、独自性を加味した良質なページを作成します。そして良質なページを少しでも増やして、専門性や権威性を織り交ぜたより信頼できる高品質サイトに仕上げます。

これによって自身のサイトに関する好意的なサイテーションが増えて評判が高まるので、結果的にGoogleから評価されやすくなります。

ユーザーがより満足する高品質サイトを運用して、ポジティブな引用を増やすようにすることが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

反対に低品質なページにランディングしたユーザーは、少なからずサイトに対する満足度が低下するはずですので、サイト内に存在する低品質ページは極力減らして、高品質ページを中心にユーザー満足度の高いサイトを運用しましょう。こうすることによってサイト単位で肯定的な引用が増えて、評判が高まりやすくなります。

これによってSEO効果も一層期待できるようになります。

提供しているサービスの質を上げる

企業・個人で提供してる全サービスの質を高めるには、ユーザーの満足度を考慮する必要がありますので実際提供するサービスの日つも重要になります。

例えば「電話営業がしつこい」というクレームが多ければ、電話営業の頻度を減らしてユーザーへのストレスを軽減しますし、「Webサイトが使いづらい」という意見があれば、Webサイトを改善して、ユーザビリティを高めるようにします。

こうすることによってユーザー満足度の高いサービスが増えて、企業や個人の評判が徐々に高まってきますので、肯定的な引用も外部サイトを通じて増えやすくなります。

ネット上でも実際のサービスでもユーザーへの配慮を強化したサービスを増やして、ポジティブな引用を増やすように取り組むことが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

まとめ

自身のサイトに関連する肯定的なサイテーションが増えれば増えるほど、SEO効果が見込めますが、こうした効果を得るためには、サイトの運営元や運営サイト自体に信頼性がともに高く備わってる必要があります。

反対に信頼性が欠けてしまえば、批判的なレビューや口コミ(引用や言及等)が増えて、インターネット上に悪評が広まる可能性が高まります。こうした悪評は、どんなサイトにおいても必ずあるので、Googleでは悪評含めたサイトを総合的に評価することを検索品質評価ガイドラインにて公式に言及してます。

とはいえできるだけ否定的な口コミやレビューなどの言及・引用を抑制して、Googleに評価されやすくすることが必要ですし、そのために否定的なサイテーションよりも肯定的なサイテーションの割合が増えるように、Webサイトを運用することが重要です。

具体的には、まず「1ページ1キーワード」「ユーザーの検索意図」「ユーザーが求める情報の網羅性・簡便性」「コンテンツの信憑性・独自性」を考慮した良質なページを作成し、そうした良質なページを増やしてから、専門性や権威性を加味したより信頼できるサイトとなるように、SEO対策を進めるようにします。

そうすることによってGoogleに評価されやすくなり、上位表示しやすいサイトを運用することができます。